再婚の方へ

幸せな夫婦1
「亡き妻(夫)の願いはあなたの笑顔。再婚それも一つの道」「人生は残り時間の長さではなく、今が充実かどうか」

結婚し夫婦となった二人が、生別死別はともかくとして無念にも縁が流れ去った時、寂しさを感じ尚、先々を思い不安や戸惑いが湧き出ます。


安泰な日々の暮らしは何よりの宝物。
何もない普通の日は最高の財産。

何気ない会話の温かさ豊かさ優しさは生きる元気。

「行ってらっしゃい」「お帰りなさい」「おやすみなさい」等。
誰かと支え合う暮らしの安らぎ。

いつか死が二人を別つ時に、しっかりと手を握り「ありがとう」と言える人との生活ほど尊いものはないと感じています。


人は悲しみや苦しみに耐えられても、寂しさには勝てない、とか。

先日再婚の83歳と78歳の幸せな笑顔は、仲人の誇りです。